―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

天と大地の狭間で踊る

「手作りカレー」に関して、どう感じる?「上司」って、みんなにはどのように思われているのかな?べつに真面目に考えたりするわけじゃないよ。
トップページ >

ページの先頭へ

具合悪そうに走るあなたと枯れた森

鹿児島の50〜60代の人は、連日、弔花を墓所にやっているから、なので、花がふんだんに必要で、草花農家も多数いる。
夜、車で飛ばしていると、電照菊の光源が何かにつけ夜、車で飛ばしていると、電照菊の光源が何かにつけ視野にはいってくる。
住宅の光は大変少ない地方とは言っても、電照菊光源はさいさい目につく。
電照菊ライトはしきりに目に触れても人の行き来はたいそうわずかで街灯の明かりもたいそう少なく、危険なので、学生など、JRの駅まで送ってもらっている子ばかりだ。

具合悪そうに口笛を吹くあいつとぬるいビール
一人の人間のおおよそが水という発表もあるので、水の摂取は一人の人間の重要点です。
水の摂取をしっかり行い、皆が活発で楽しい季節を満喫したいものです。
ぎらつく日差しの中から蝉の鳴き声が耳に届くこの時期、いつもはそんなに外出しないという方も外出したくなるかもしれません。
すると、女の人だったら日焼け対策について敏感な方が多いかもしれません。
夏のお肌のケアは夏が過ぎた頃に出てくるといいますので、どうしても気になってしまう部分かもしれません。
もう一つ、誰もが気にかけているのが水分補給につてです。
当然、いつも水分のとりすぎは、あまり良くないものの、夏の時期ばかりはちょっと例外かもしれません。
なぜかというと、たくさん汗をかいて、気付かない間に体から水分が抜けていくからです。
外に出るときの自分のコンディションも影響してきます。
ひょっとして、自身が気付かない間に軽い脱水症状や熱中症におちいる可能性もあるでしょう
夏のときの水分補給は、次の瞬間の体に表れるといっても言い過ぎではないかもしれません。
ちょっとだけ出かける時も、小さなものでかまわないので、水筒があればとても便利です。
一人の人間のおおよそが水という発表もあるので、水の摂取は一人の人間の重要点です。
水の摂取をしっかり行い、皆が活発で楽しい季節を満喫したいものです。

そよ風の吹く休日の朝は座ったままで

よく一緒にいる知佳子は賢いやつ。
頭が良いなーと感じる。
決して他者を傷つけたりはしない。
何この人?と思っても、まずはその人の気持ちを尊重する。
このことから、どんどん考えが広がるし、我慢強くなれるのだ。
考えを譲らない事より、こうしている方がちかこにとって気分がいいのかもしれない。
自分が傷つかなくてすむやり方、起こったことを経験値にする方法をよく理解している。

具合悪そうに吠える弟と花粉症
普段、なるべくさっぱりしたファッションが好きな私は、周りにビビられるけど。
コルセットやポーチや時計まで揃い、ラインで使いたいと思えば節約生活になりそうだ。
でも、ジルスチュアートは辞められない。

笑顔で口笛を吹く彼女とアスファルトの匂い

普段、部屋で個人的に行えるような業務をして、たまに誘いがあると派遣先に仕事に出る。
たった、ひと月に何回が、非常に怠く感じてしまう。
この際辞めてしまおうかと。
行けば張り切るけど、大勢の人にはさまれて、チームで業務をこなすのは難しい。
そう親に話すと、言いたいことは理解できるけど、と言って、豪快に笑っていた。

雨が上がった平日の日没はお菓子作り
甘い食べ物がとっても好きで、ケーキやだんごなどをつくるけれど、子供が大きくなって作るお菓子が制限されてきた。
私たち夫婦がめちゃめちゃ楽しみながら食べていたら、子供がいっしょに口にしたがるのは当然だから子供も食べられるバウンドケーキを自分でつくる。
自分は、チョコ系がとっても好きだったけれど、娘にはチョコレートなどはまだ食べさせたくないのでつくらない。
ニンジンやリンゴをいれたケーキが健康にもいいと考えているので、砂糖とバターを少なくしてつくる。
笑顔でおいしいと言ってくれたら、ものすごくつくりがいがあるし、またつくろうと思う。
ここ最近、ホームベーカリーも使ってつくったりする。
そうしたら、簡単だった。
いつもは、自分で一生懸命混ぜるけれど、ホームベーカリーは、混ぜてくれるし簡単だ。

雨が降る月曜の夕方は外へ

働き始めて間もないころ、知識がなく、大変なトラブルをひきおこしてしまった。
気にすることはないと言ってくれたお客さんたちに、感じの良い訂正の方法も思いつかず、悲しい顔をしてしまった。
お客さんの一人が、エクセルシオールのマキュアートをあげる、と言いながらくれた。
勘違いで2個オーダーしちゃったんだ、と話しながら違う種類のドリンクを手に2つ。
長身で、細身で、すっごく感じのいい雰囲気をもっていた男性。
嬉しかったな、と思う。

そよ風の吹く金曜の午前は友人と
出張で、日光へ行くことが多かった。
北関東に位置する日光市は栃木県にあって、内陸の県で、高い峰に囲まれている。
そのことから、寒くなると雪景色になり、除雪車やチェーンが必須になる。
紅葉の時期になると、東北道で、2泊3日の予定で行って、行って帰って、また2泊3日という生活スタイルが多く、テレビなどのメディアで日光が登場すると懐かしく思ってしまう程。
「日光を見ずして結構というなかれ」という面白い表現がある位なので、一度は行ってみてほしい市だ。
少し述べさせてもらうと、観光客のメインは日光東照宮。
あの有名な家康の墓があるところで、中の厳かな様子に驚くだろう。
また、いろは坂を上りきったところにある奥日光湯元温泉。
硫黄泉らしく、白色で、熱い温泉。
この温泉に入ると冷え症が完治すると思う。
日光東照宮が建てられたときには、日光湯元を目指してたくさんの湯治客が集まったらしい。
情景が思い浮かべられる歴史のあるここ栃木県の日光市。
名産物の紹介も兼ねて、雑誌にもたくさん載っているここ日光に、また行きたいと思っている。

熱中してお喋りする先生と夕立

行きたくて行きたくてどうしようもなかった場所、それは静岡県の真鶴だ。
初めて知ったのは真鶴というタイトルの川上弘美さんの作品。
読んだものの、私の未完成な感覚では、まだ深い理解はしていない。
代わりに、ストーリー中の真鶴地方の様子が好きで、行ったことのない真鶴に行きたいと思っていた。
静岡県の、神奈川県小田原市の中間に位置する所が真鶴。
半島の先が真鶴岬。
真鶴岬の先、海から頭を出しているのは、三ツ石という岩が3つ。
真ん中の石の上には鳥居としめ縄があって海水が引くと歩いて渡れる。
縁があり、実際の風景を観光することができた。
私のデジタル一眼のメモリーは真鶴がいっぱい。
旅館のおばさんにここに住みたいと話すと喜んでくれた。

寒い土曜の夕暮れは友人と
夏季で企画が大変たくさんで、近頃、夜間にも人の往来、車の通行が非常に増えた。
かたいなかの奥まった場所なので、ふだんは、夜更け、人の行き来も車の行き来もほぼないが、打ち上げ花火やとうろうなどが行われており、人の往来や車の行き来が大変多い。
日常の静かな深夜が邪魔されていくぶんやかましいことがうざいが、ふだん、エネルギーが僅少なかたいなかが活況があるように見えるのもまあいいのではないか。
周りは、街灯も存在しなくて、暗いのだが、人の行き来、車の通行があって、エネルギーがあると陽気に思える。

サイトコンテンツ

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

サイトコンテンツ

Copyright (c) 2015 天と大地の狭間で踊る All rights reserved.