―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

天と大地の狭間で踊る

「クリエイター」について、どう思う?「チャーハン」って、みんなにはどんな感じで思われているのかな?べつに真面目に考えたりする気分になったわけじゃないよ。
トップページ >

ページの先頭へ

涼しい祝日の昼は昔を懐かしむ

業務で身に着けるスーツを買いに来た。
コムサなどフォーマルなショップも良いけれど、天神コアも良いと思う。
華やかで活発な女性向けのショッピングビルで体のラインが出る服が多い。
金額はテナントによって違いが表れるが、ほとんどがリーズナブル。
中で、スーツを選んでいたが、細身の物ばかり売られていた。
着た感じも、普段よりあか抜けているように見える気もする。
良い感じの買い物が達成できて、とってもうれしかった。

控え目に吠える彼女と擦り切れたミサンガ
どれでもいいので一つの好きなことを、長期で続けているような人に憧れを抱く。
スノボだったり、写真でも、とても目立たないことでも。
季節ごとに一度、あのメンバーと、いつもの温泉旅館に宿泊する!というような事も良いと感じる。
どんなことでも一つを続ければ、最終的には実用まで達することがあるかもしれない。
わたしは、幼い時、ピアノとリトグラフとを習っていたが、続けていればよかったな。
そんな風に感じるのは、空き部屋のの隅に父に買ってもらったピアノが置いてあるから。
今の自分は全然分からないピアノだけど、余裕ができたらもう一回弾きたいと思っている。

具合悪そうに踊るあの子とアスファルトの匂い

今年は、泳ぎに行っていないが、時間があればめちゃめちゃ行きたい。
現在、ひとり娘が2歳なので、泳がせないで遊ばせるぐらいなのだけれど、きっとおもしろがってくれるだろう。
だけど、まだ、オムツを着用しているから、海にはいっている人の事を考えたら海水に入れないのがいいのではないだろうか。
それ用のオムツもあるが、議論になっているらしいので。

悲しそうに跳ねる友達と僕
興味はあっても行ったことはない、だけど、夜の動物園は、夜に動きやすい動物が大変動いてて昼とは違い観察していておもしろいらしい。
興味はあっても、昼間ではない動物園は動物を観察しに行ったことがないけれど、子供がもう少しだけわかるようになったら見てみようと思う。
もうちょっと夜もおきていれるようになったら、間違いなく、娘も楽しんでくれると思うから。
昼間の動物園と隔たりのある空気を妻も私も必ず楽しめると思うので味わってみたい。

目を閉じて泳ぐ兄弟と濡れたTシャツ

出社のために何枚かスーツに似合うYシャツを持っているけれど、大体決める時にたくさん試着する。
そこそこ、ワイシャツに厳しいのもレアかと思い込んでいた。
でも、今日、Yシャツはオーダーメイドしてもらうと言っていた方がいたので、心外だった。
もちろん、シャツ一枚でスタイルが良く見えるのはいいな、と考えた。

控え目にダンスする家族とファミレス
アンパンマンは、幼児に気に入られる番組なのに、しかしとっても暴力的だと思う。
番組のラストは、アンパンチといってばいきんまんをぶん殴って話を終わりにするといった内容が非常に多い。
小さな子にもたいそう悪影響だと思える。
ばいきんまんとどきんちゃん達が、そんなに悪いことをしていない話の時でもぶん殴って解決する。
アンパンマンは、ばいきんまんを見たら、やめろといいながらもうこぶしを突き出している。
話を聞くわけでもない。
説き伏せるわけでもない。
ただ、ぼこぼこにして解決するからいつになっても変わらず、いつまでたっても同じだ。
思うのだけれど原作は攻撃的でないかもしれないけれど、テレビ受けの内容にする必要があってそんなふうになっているのだろう。

具合悪そうに泳ぐ友達と濡れたTシャツ

「嫌われ松の子一生」というTBSドラマが放送されていましたが、好きだった人も多かったと思います。
私はというと、テレビ番組は見ていなかったのですが、女優の中谷美紀さんの主役でシネマがクランクインされたときに、見に行きました。
考えます。
松子は容量の悪さゆえでもありますが、恵まれてるとは言えない環境にいながらも、悲観的にはなりません。
松子以外から見れば、不運かもしれないけれど明るい未来を想像しています。
幸せになることに関して、貪欲なんです。
とても尊敬を感じました。
自分だって幸せになる権利はあるのに、そうなると幸せになる権利はないような気がする。
などという、訳の分からない状態に陥っていた子どもだった私は、見ている間、幸せな気分になりました。
それくらい、面白い映画なので、見てみてください。
そして、中谷美紀さんは、先生役でも、中洲のソープ嬢でも、美容師を演じても、やっぱり綺麗でした。

ノリノリで口笛を吹く兄弟とあられ雲
無関心だったけれど、スポーツもわずかでも取り組まなくてはと近頃考える。
勤め先が異なるものになったからか、今日この頃、走ることがすごく少なくなり、体脂肪が非常に上がった。
それから、年齢も関係しているかもしれないが、お腹周りにぶよぶよと脂肪がついてきて、とっても見苦しい。
わずかでも、走らないとだめだ。

汗をたらして口笛を吹く兄弟と俺

たしなむ程度の酒のおともに、カロリーが低く健康に良い物を!と思っている。
最近のおつまみはキュウリ。
それ以前はシシャモ。
そして、近頃は、湯葉だけれど、高いのでそれも辞めた。
今日、新たなおつまみを考え出した。
お店で80円くらいのエリンギ。
小さく切って、バターで炒めて、味の素と塩を少々ふりかけて整えたもの。
かなり料金は低め、カロリーも低い気がしませんか。

息もつかさず走る姉ちゃんと月夜
この国には、たくさんの祭りが開催されているようだ。
この目で確認したことはないけれどじゅうぶん知っているのは、秩父夜祭で、別名、冬祭りがある。
立派な彫刻を施した、笠鉾と屋台の合計6基。
祭りの概要が分かる会館を見たときには、DVDや実際の大きさの屋台と笠鉾を見た。
冬に行われているので、冬祭りという別名でも呼ぶみたいだ。
実際に見てみたいお祭りの一つだ。
秩父夜祭とは反対に、夏にあるのは、福岡市の放生夜がよく知られ、生きている者の生命を奪う事を禁じるお祭り。
江戸の時には、このお祭りの行われている間は、漁業もしてはいけなかったという。
伝統ある祭りも大事だが、私は屋台も同じくらい好き。

サイトコンテンツ

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

サイトコンテンツ

Copyright (c) 2015 天と大地の狭間で踊る All rights reserved.