―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

天と大地の狭間で踊る

テレビのインタビュー等で、「コーラ」のことについて尋ねられたとしたら、あなたはどう言う?「デザイナー」って、人それぞれで考え方が違うなのかもしれない。
トップページ >

ページの先頭へ

気分良く走る君と擦り切れたミサンガ

近所のショッピングセンターで買い物をしていた。
冷凍食品cornerドリアを探していた。
そしたら、韓国文字で書いてある冷凍食品を探し出した。
写真を見ると、韓国屋台の定番、トッポギだった。
この夏、釜山へ旅行した時に、幾度となく韓国を旅している親友に勧められたトッポギ。
海を越えた日本で冷凍食品になって、韓国のトッポギが購入できるなんて、驚きだった。

汗をたらして大声を出す友達と濡れたTシャツ
師匠が昨日チヌ釣りに出かけたらしいが、長時間やっても何匹かしかかからなかったらしい。
小魚が見えるほどいて、チヌ釣りがしにくかったらしい。
けれどイノコの40cmサイズが釣れたらしいから、うらやましい。
昨年、わけてもらってさばいて口に入れたがものすごく味わい深かった。
おいしくて大物が釣れたと話を聞いたらすぐにでも行きたいが、また今度だ。

のめり込んで歌う先生と擦り切れたミサンガ

見るのにとっても長く距離を歩く動物園は、盆近くはとても蒸し暑くてしんどい。
知人夫婦と子供と自分の家族ともども合同で入園したが、大変暑くてきつかった。
とても暑いので、ライオンも猿もどんな動物もろくに行動していないしし、遠くの物影に潜んでいたりで、ひどく見えなかった。
今度は、クーラーのきいた水族館などが暑い季節はよさそうだ。
娘が幼稚園の年長くらいになったら夏期限定の夜の動物園や水族館もたまらなさそうだ。

蒸し暑い日曜の夜に座ったままで
元ブラビのビビアン・スーは、美人で努力家で才能ある女性だと思う。
すでに30代の終盤なんて、少しも思えない。
過去に見ていたテレビで、印象的なのが、ビビアン・スーが、アメリカ人からのインタビューにアンサーしていた部分。
まだまだ学習中らしかったけど、とても一生懸命だった。
今頃英語はもちろん日本語だって、しっかり話せるんじゃないかとみている。
彼女の素敵さは計り知れないくらいである。

自信を持って大声を出すあなたと擦り切れたミサンガ

かつて、両親は、娘の私の対人関係に対し大分無理を強いてきた。
平均的から離れては良くない、とか。
非常に暮らしにくい過去だったと考える。
学校が過ぎると、日課のように、偽りの生活を嬉しそうに母に話す。
これで、安心したような顔を見せてくれる。
周りと違うと、浮く。
こんなことだけ恐れていた学生時代の自分とお母さん。
切ない話だと今は思う。

汗をたらして口笛を吹くあいつと夕立
御盆だとしても生まれた家から別れて生きているとほとんど認識することがないが、せめて、供え物くらいはと思い生まれた家へ届けた。
家元に暮らしていたら、線香を持って祖先の受け入れに行って、お盆やすみの幕引きにお見送りにおもむくのだが、別れて生きているので、そういうふうにすることもない。
周りの人は、香を持ってお墓におもむいている。
そんなありさまが視認できる。
いつもより墓所の近くの道路にはいっぱいの車がとまっていて、お参りの人もめちゃめちゃ多く視認できる。

雹が降った月曜の夜明けは冷酒を

水滸伝の北方版の人間味あふれていて凛々しい登場人物が、オリジナルの108星になぞらえて、主なキャラクターが108人でてくるが、敵方、政府側の人物も人間味あふれているのがいて、血が通っていると感じる。
登場キャラクターに実際の人の様なもろさが見えるのも重ねて、心酔していたわけだ。
弱いなりに自分の夢とか将来の為に能う限り チャレンジしているのが精読していて楽しい。
読み進めていて楽しい。
それなのに、心ひかれる登場人物が不幸な目にあったり、夢がなくなっていく流れも胸にひびくものがあるから魅了される長編小説だ。

控え目に熱弁する兄さんとあられ雲
わたしは、アレルギー体質で、ファンデは全く使用できないし、スキンケアも限られている。
仕方がないので、フルーツや飲み薬のパワーに頼ってしまうのだが、長らく摂っているのがコラーゲンだ。
ジュースに混ぜて、しばらく習慣にしているけれど、少しだけ素肌がつやつやになった。
なんと、飲み始めてから効果が出るまで、即効性があったので、嬉しかった。

騒がしく口笛を吹く兄弟と俺

娘の3歳の誕生日が近いので、プレゼントを何に決めようかを考えている。
妻と話して、体で遊ぶおもちゃか知育玩具か洋服などにするかを決めようとしている。
考えてばかりでなかなか決められないので、ものを見に行って決めることにしたけど、これだというものがなかった。
だけれど、子供に遊ばせてみたら、以外とすぐに決まった。
秘密基地というおもちゃに一生懸命だったから、これに決めた。
けど、部屋が狭いので、一番小さな折りたたみ可能なやつにした。
販売価格が、なかなかリーズナブルだったので、助かった。

息絶え絶えで熱弁するあなたと冷めた夕飯
何年か前の暑い時期、冷房の効いた部屋の中で冷たい飲み物をしょっちゅう飲んでいた。
私は外に出ると熱中症にかかっていたので、水分摂取が必須だと思ったからだ。
乾燥した部屋の中で、キャミソール、そしてレモンティーにカルピスとか。
だから、順調だと思い込んでいた猛暑対策。
すると、その年の冬に、いつもよりかなり震えを感じることが多かった。
部屋の外で行う仕事内容が多かったこともあるが、寒すぎてコンビニへすら出れないという状態。
なので、きっと、猛暑の中の過ごし方は真冬の体調管理にもつながると思っている。
じゅうぶんにn栄養を摂取し、偏りの少ない過ごし方をするのがベストだと思う。

サイトコンテンツ

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

サイトコンテンツ

Copyright (c) 2015 天と大地の狭間で踊る All rights reserved.